HOME > Think! > 03.藤原が考えるイベントディレクター
Think!

株式会社ユナイテッド代表・藤原洋平が考えること。

  • 藤原が考えるイベントディレクター

現在、ユナイテッドでは一緒に仕事をしていただけるイベントディレクターを募集しています。経験者はもちろん、未経験者でも意欲があれば研修などを経て、現場に入っていただくこともできます。

ディレクターの業務である、ディレクションというものはイベントだけに限らず、社会の中での業務とよく似ていると思います。
そのディレクションの経験があれば、イベントディレクターもそう難しいことではありません。

例えば、ある会社の部やグループでの上長がディレクターにあたります。業務の進捗状況の管理、働きやすい環境づくり、時には飲みに誘って相談にのってやったりと、仕事をするにあたって部下がいる場合は管理が発生するのですから、上司は日々イベントをディレクションしているようなものです。ですから、このようなディレクションの経験があればだれでもイベントディレクターとなれるのです。イベントディレクターにとって、経験、ノウハウがあれば業務を行う上で優位ではありますが特別な資格、スキルは一切必要ありません。

次に実際にイベントディレクターの業務についてです。

イベントディレクターとは、イベントを実際に管理、運営していただく司令塔です。イベントといっても様々で展示会ブース、式典、街頭SPイベントなどありますがどんなイベントであってもディレクターは必要です。主な業務は以下のとおりです。

・スタッフの管理
→ コンパニオンなどのスタッフが業務に集中できるよう、休憩のタイミングなどはディレクターがコントロールする必要があります。シフト表などをもとに行うのですが、イベントの状況によっては調整が発生する場合がありますのでそういった場合の対応も必要です。

・備品の管理
→ 簡単なイベントでは備品のセッティング、管理もディレクターの業務となります。また、ノベルティなどの配布物がある場合は数量、配布状況などを管理しクライアントなどに報告する場合もあります。

・全体の進行
→ ディレクターはイベント全体の段どりを仕切らなければいけません。業務内容を把握した上で、スタッフに業務のレクチャー、リハーサルを行ないます。本番前には各所のスタンバイを確認し、イベントをスタートさせます。途中に様々なコンテンツが入る場合もそれらの段どりをする必要があります。

・クライアントとの調整 → イベントを運営していると様々なことが発生します。スタッフレベルで解決できればいいのですが、クライアントなどに確認を取る必要がある場合は事態をまとめて、クライアントに確認をとります。

以上、簡単に業務内容を挙げましたが、イベントによって業務内容は様々です。

ところで、ユナイテッドでイベントディレクターをやると少し大変です。 というのも、ユナイテッドのディレクターとして現場に入っていただく時にまず、必ず事前にマニュアルを入手し、すべて熟読していただきます。そして「考えて」いただきます。場合によっては、事前の打ち合わせが発生します。 「Think!」の1でも書いているようにイベントは事前準備が重要だと考えています。よく、本番の朝にマニュアルを渡されて、そこからスタッフにレクチャーをしろと言われて大変だったよ。。という話を聞きますが、ユナイテッドで受ける場合はそういうことは絶対にありません。

業務終了後にはクライアントに動き、感想を必ず確認し、足らなかったところは必ず本人に確認し、今後の業務で同ことを繰り返さないよう徹底させます。 というわけで「ただ単に現場に入って終わり」というわけでなく少し大変なのです。

最後に、私が勝手に思っているイベントディレクターの楽しみです。

  • 毎回違う案件でいろいろな業界の仕事ができる。またいろいろな方から仕事を通じて学ぶことができる。
  • 自分が表にでて拍手をもらうことはないが、イベントが無事終了したときなど何とも言えない達成感が体験できる。

などなど、こんなに楽しい、やりがいのある仕事はないと思っています。 以上、これを読んでユナイテッドでイベントディレクターをやってみたい という方はご連絡お待ちしております。

« Think!リストに戻る

株式会社ユナイテッドのFacebookページでは、Think!の追加コンテンツをはじめ、ユナイテッドの日常などをお伝えします。
是非ご覧ください。